HALF SELF COATING

ハーフセルフコーティング(下地処理)


※ハーフセルフは「研磨メニュー」のため、ボディコーティング割引の対象外です。


岐阜新聞:掲載日2018.4.10

ハーフセルフコーティングは、「下地処理のみ」を弊社で行い、「コーティング剤の塗布」はお客様自身で行っていただく商品となります。
そのため研磨作業により、ボディ本来の光沢を「下地処理の段階で確実に復元」させなければなりません。
つまり、コーティング剤で傷を一切ごまかせない、正真正銘の「技術力」が問われる商品となります。

「ハーフセルフコーティング」は、コーティング剤をお客様自身で自由に選択ができ、尚且つ自身で塗布することで、コーティング施工料金の大幅な削減が可能です。
専門店だからこそ提供できる、ハイクオリティな商品を是非一度お試しください。

※ディーラー、販売店、スタンドで使用されている「常温硬化型のコーティング剤」をご検討中の場合、インターネットなどを利用すれば、同じコーティング剤を安く仕入れることも可能です


メリット ■コーティング剤を自由に選択できます。
■研磨作業を含む「下地処理のみ」のご依頼で、コーティングの施工料金を大幅に削減できます。
 
下地処理後にカー用品店等で、ご希望に合ったコーティング剤をお求めください。
注意事項 ■コーティング施工前には必ず、「脱脂洗車」を行ってください。
■納車時はボディ保護のため、簡易的な撥水コートが施工されています。
■簡易撥水コートの効果持続期間は「約1週間」です。
■納車時の簡易撥水コートは「中性シャンプー」で簡単に除去できます。
 
作業内容 手洗い洗車、鉄粉除去、隙間洗浄、研磨作業、脱脂作業 (エンジンルーム洗浄無し)
Polish-A ボディ全体を1ポリッシュ。(軽研磨/艶出し)

「Polish-A」は、極超微粒子コンパウンドのみで塗装面を整えていくため、光沢はでますが深い傷は残ります。
Polish-B ボディ全体を2ポリッシュ。(鏡面研磨/キズ取り)

「Polish-B」は、ワイドレンジタイプ(極細目~超微粒子)のコンパウンドを使用し塗装面を整えたのち、バフ目やオーロラマークと言われる磨き傷を残さないため、最終仕上げに極超微粒子コンパウンドで丁寧に磨き上げます。
「Polish-A」に比べて、比較的キズも目立ちにくくなります。
AG-Polish ボディの状態に合わせたベストポリッシュ。

「AG-Polish」は、傷の深さに合わせた1stポリッシュを行い、そこから順番に深い傷を浅い傷へと置き換えていきます。
時間と手間をかけ丁寧にクリア層を磨き込むことで、ごまかしのない塗装本来の深い艶と光沢が復元します。
また40㎜~70㎜のバフを装着した小型ポリッシャーを使用し、ドアノブやナンバー周辺、通常手磨きでしか対応できない複雑な曲面など、ボディの細部まで丁寧に磨きあげます。
サイズ Polish-A Polish-B AG-Polish
2S ¥9,000
9,900
 ¥24,000
26,400
  ¥36,000
39,600
¥10,500
11,550
 ¥28,000
30,800
  ¥42,000
46,200
M  ¥12,000
13,200
 ¥32,000
35,200
  ¥48,000
52,800
¥13,500
14,850
 ¥36,000
39,800
  ¥54,000
59,400
2L ¥15,000
16,500
 ¥40,000
44,000
  ¥60,000
66,000
3L ¥16,500
18,150 
 ¥44,000
48,400
  ¥66,000
72,600
4L ¥18,000
19,800
 ¥48,000
52,800
  ¥72,000
79,200
※全長5m又は全幅1.9mを超える場合は、5%(3L)~ 10%(4L)の割増料金となります。
※爪が引っかかるような深い傷は「キズ取り/鏡面研磨」でも完全には除去できません。
場合によってはペーパー掛けが必要となりますが、塗装が剥がれるリスクが高いため基本作業には含まれておりません。


サイズ表


参考資料(コーティング料金の内訳)


高額なガラスコーティングの施工料金の大半は「技術料」です。
コーティング施工料金にも、車検や整備と同じく、料金に対する「内訳」が必要です。
まだまだ不透明な点が多いコーティング料金だからこそ、弊社ではその内訳もしっかりご説明します。

技術料を明記した参考資料[コーティングの施工料金の内訳]をご覧ください。

➡ページへ移動

参考資料には、弊社取り扱いの「ECHELON Zen-Xero Dynamic」をご用意致しました。
エシュロン最高峰のガラスコーティングです。